WRHI講演会・第3回ヒューマンセントリックシンポジウム開催案内

日時:8月7日(火)15:00〜18:00
場所:すずかけ台キャンパス(R2棟1階オープンコミュニケーションスペース)
大岡山キャンパス(石川台1号館1階153機械系会議室)
*大岡山はポリコムで中継します。

Program :
(1)15:00 Dr. Marco Santello(Director, School of Biological and Health Systems Engineering, Arizona State University)
「Integration of memory and sensory feedback for dexterous manipulation」

(2)16:00 Dr. Atsushi Takagi(Specially appointed assistant professor, IIR, Tokyo institute of technology)
「Sensorimotor interaction between humans 」

(3)17:00 Dr. Ludovico Minati(Specially appointed associate professor, IIR, Tokyo institute of technology; University of Trento, Italy; Polish Academy of Science, Poland)
「Electronic non-linear networks as models of neural dynamics」

参加費:無料
事前登録:不要

ぜひご参加ください。

Motor Control Symposium at KURAMAE 開催案内

下記の通り、Motor Control Symposium at KURAMAE を開催します。

是非ご参加ください。

    • 日時:2018年10月16日(火)13:00〜17:40(終了後懇親会)
    • 場所:東京工業大学 蔵前会館1F くらまえホール アクセス
      (東急目黒線・大岡山駅前)
    • 定員:150名
    • 参加登録:こちらから事前登録をお願いします。登録期限 9/30 10/8
    • 参加費:無料(懇親会費:一般4,000円 学生:2,000円、当日受付で集めます。)
    • 主催:東京工業大学 科学技術創成研究院
    • 共催:日本神経回路学会

プログラム

    • 12:30 受付 Registration
    • 13:00 小池 康晴 教授(東工大)Dr.Yasuharu Koike (Tokyo Tech)
    • 13:30 Tamar FLASH 教授(Weizmann Insutitute of Science)“On the generation of complex movements: planning, compositionality, and coordination
    • 14:30 髙木 敦士 特任助教(東工大)Dr.Atsushi Takagi (Tokyo Tech) “The more the better:physical interaction in groups”
    • (15:00 Break)
    • 15:30 井澤 淳 准教授(筑波大)Dr.Jun Izawa(Tsukuba Univ) “Minimizing the effect of internal model uncertainty on reaching performance”
    • 16:00 瀧山 健 准教授(東京農工大)Dr.Ken Takiyama (Tokyo Univ. of Agriculture and Technology) “Towards a unified model of motor control and learning”
    • (16:30 Break)
    • 16:40 宇野 洋二 名誉教授(名古屋大)Dr.Yoji Uno(Nagoya Univ) “Development and application of a virtual trajectory control hypothesis”
    • 18:00 懇親会(会費制) Banquet (option fee)

 

100ミリ秒以内に脳波から運動意図を高精度に推定する方法を考案

産総研、大阪大学との共同研究により、脳の予測機能を利用し、脳波から高速・高精度に思い描いた運動(運動意図)を読み取るブレーン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術を考案しました。
Utilizing sensory prediction errors for movement intention decoding: A new methodology
東工大ニュース  
論文

アリのような動きをする六脚ロボットを制御

小池教授、吉村准教授、Ludovico特任准教授らの研究チームは、アリやゴキブリのように複雑な脚部を持つロボットに階層制御装置アーキテクチャーを採用した新しい駆動方式を開発しました。
Versatile locomotion control of a hexapod robot using a hierarchical network of nonlinear oscillator circuits
東工大ニュース  
論文