メイン画像

最新情報

  • 一覧
  • RSS

ようこそ 小池研究室へ

ようこそ 小池研究室へ

人間は,生まれた時から,自律的に環境との相互作用によって知識を獲得している.

手足が自由に動かせるようになり,道具を使いはじめ,言葉を喋るようになる.このようなことが行なえるのは,脳の中に何かが獲得されたためである.

このような人間の脳の機能を知り,コンピューターを使ってその機能を再現することを目標にしている.この時,脳の中で行なわれている方法を真似て機能を再現することに重点を置いている.具体的には,筋骨格系のモデルをつくり,筋肉の活動と腕の運動の関係から,脳では,どのように腕を制御しているのかを明らかにすることなどである.