発表形式

口頭発表

「講演時間17分、質疑3分」です。
講演時間終了2分前に1鈴が、所定の17分で2鈴が鳴ります。
講演者はご自身のPCを使って発表してください。接続確認はセッション開始前に済ませてください。
口頭発表者はフラッシュトークを行いません。

フラッシュトーク (デモンストレーション発表者も対象)

ポスター・デモンストレーションの概要やアピールポイントをスライド発表していただきます。
発表資料は事前に送付いただくPDFファイルで、大会実行委員が用意したPCを用いて投影します。アスペクト比は4:3の横長とします。
発表時間は90秒以内です。質疑応答はポスター発表時に行います。

全スライドの左上にID番号(P1-99の形式)を明記してください。
フラッシュトーク用のPDFは、ID通知メールへ返信する形で件名を変えずに、添付ファイルとして送付してください。
   送付先:jnns2019@cns.pi.titech.ac.jp
PDFのファイル名はIDと第1著者の英名を記した次の形式として下さい。
IDは発表形式(P)発表枠(1or2)-通知された番号(2桁)です。
   P1-xx_TaroTOKO.pdf

フラッシュトーク用PDF送付締切は【2019年8月27日(火)17:00】とします。
お詫び 当初間違った曜日でご案内していました。お詫びして訂正いたします。

pdfsample

ポスター発表

ポスターを貼り付けるパネルは縦長です。
貼り付け可能な用紙サイズは幅1100mm・高さ1650mm以下です。
ポスターの左上にID 番号(P1-99 の形式)を明記してください。可能であればタイトルも記載してください(略記可)。

ポスター貼付はセッション開始前に済ませてください。
必ず鋲を使ってください。鋲は発表会場にあります。テープ貼りは禁止します。


pdfsample